CHIYODA SVAC
サイトマップお問い合わせ
 
TOP > 会社情報

会社情報

倉庫業から出発し、ビルマネジメントのリーディング企業へ
千代田スバックは時代の変化に対応し成長を続けます。

  1. 会社概要
  2. 沿革
  3. トップからのメッセージ

昭和40年代 品川駅構内清田専用引込線

会社概要

千代田スバック株式会社のルーツはキヨタグループにあり、その歴史は明治時代に遡ります。


キヨタグループの誕生

1895(明治28)年 個人経営として石炭販売事業を創業。
1919(大正8)年 現在の田町きよたビルの立地である東京市第二期埋立地の中の5号埋立地の一部8,000坪入手。
1922(大正11)年株式会社清田商店(現・キヨタ株式会社)の誕生。

千代田スバックの歴史

1948(昭和23)年千代田倉庫株式会社を設立、倉庫業に進出。
1962(昭和37)年 「新1号倉庫」(SRC3階建て、延べ床面積6,145m2)竣工。
1971(昭和46)年現在の田町CKビルとなった、「PD-1号倉庫」(地上5階地下1階、延床面積15,370m2)竣工。
1982(昭和57)年 地上9階地下1階、延べ床面積24,578m2の田町きよたビルおよび総戸数414戸の大型分譲マンションである三田ナショナルコートの建設を核とする芝浦地区再開発事業を行い、ビル賃貸事業に進出。
1984(昭和59)年 不動産開発事業、ビル管理事業に進出。
ビル管理事業の実働部隊である子会社の千代田クリーンメンテ株式会社を設立。
1988(昭和63)年 オフィス関連事業開始。
1991(平成3)年 社名を「空間価値を創造する」という意味の「Space VAlue Create」の頭文字をとって、千代田スバック株式会社に変更。
1995(平成7)年 リニューアル事業へ進出。
倉庫事業から大きな変身を遂げ、現在の事業形態の基となった。
1996(平成8)年 PD-1号倉庫はデータセンターにコンバージョンし、「田町CKビル」と命名。
1997(平成9)年 城西地域の拠点として 新宿営業所を開設。
現在の東芝ビジネスパートナーの前身である 東芝特約代理店となった。
2001(平成13)年 株式会社カウネットのエージェントとして、オフィス用品の通販事業に進出。

会社概要

トップからのメッセージ